高麗人参の摂取で更年期から高まる糖尿病リスクを予防する

糖尿病は、様々な合併症を引き起こす恐ろしい病気です。聞き馴染みがあるので、身近に感じている方は多いですよね。そんな糖尿病には、高麗人参が効果的だと言われています。

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中の血糖値が高い状態が、慢性的に続いてしまう疾患です。原因によって、1型糖尿病と2型糖尿病に分けられます。

【1型糖尿病】

血糖値を一定に保つ働きをしている「インスリン」というホルモンの分泌に異常が起き、血糖値が高まることで発症します。ホルモン分泌の異常は、膵臓の細胞に異常が起こることが原因です。インスリンは膵臓で作られているので、その膵臓の細胞に何らかの障害が起こると、正常に分泌されなくなってしまいます。

【2型糖尿病】

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、ストレスなどで膵臓の働きが弱まったり、インスリンの働きを阻害する物質が体内に溜まったりすることが原因で発症します。

特にメタボリックシンドロームの方は、2型糖尿病になりやすいと言われています。メタボリックシンドロームは、内臓に脂肪が蓄積している状態です。蓄積した脂肪からは、悪玉因子が分泌されます。この悪玉因子が、インスリンが十分に作られているのにも関わらず、効果を発揮できない「インスリン抵抗性」を引き起こすとされています。インスリン抵抗性が起こることで、高血糖に繋がります。

2型糖尿病は、遺伝的要因と、生活習慣を含めた環境的要因の両方が影響していると言われています。家族に糖尿病患者がいると、2型糖尿病を発症する可能性が高まるようです。

また2型糖尿病は、初期の自覚症状がほとんどありません。ただし、突然血糖値が高くなるのではなく、徐々に高くなっていきます。そのため、早期発見が難しいと言われています。

糖尿病は更年期以降にリスクが高まる

女性の場合、更年期を過ぎた頃から、糖尿病のリスクが高くなると言われています。女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、血圧やコレステロールの調節をします。同時に、インスリンの効果を高める働きもあります。

しかし、更年期になるとエストロゲンの分泌が少なくなり、インスリンの働きが低下してしまいます。インスリンの働きが低下することで、血糖値が上昇しやすくなり、糖尿病のリスクが高まってしまうのです。

高麗人参は糖尿病の改善に効果的

糖尿病の治療には、血糖値を下げるためのインスリンの投与や、体質改善のための運動・食事指導が行われます。高麗人参は、こうした糖尿病の治療をサポートします。高麗人参には血糖調整作用があります。血糖値が高い時には血糖値を下げる作用が働くため、糖尿病の改善に効果的だと言われています。

また、高麗人参には糖尿病の予防効果も見込めます。高麗人参を摂取することで、健康な生活を送りやすくなるためです。

食生活の乱れや運動不足などの不健康な生活は、積み重ねによって膵臓の働きを弱めます。血流が悪くなる、肥満になるなどの影響もあり、糖尿病のリスクを高めます。高麗人参は、血流改善や疲労回復などの効果を期待できる食品です。摂取することで、健康な生活をサポートしてくれます。

さらに、血中に含まれる過剰なコレステロールの排出を助けて、メタボリックシンドロームに繋がる脂肪の蓄積を抑制します。これもまた高麗人参が糖尿病に効果的と言われる理由の1つです。

糖尿病を改善する効果を持つ高麗人参ですが、独特の味とにおいがあることから、苦手意識を覚える方が多いです。そのため、サプリや加工された健康食品の形で摂取することをおすすめします。

当店が取り扱うロイヤルハニーは、高麗人参を含む健康食品の1つです。ロイヤルハニーは、天然のはちみつを主成分とした健康食品。高麗人参をはじめ、健康にいい成分がたくさん配合されています。主成分がはちみつなので、おいしく召し上がっていただけます。袋からそのまま食べられるので、手軽に日々の生活に取り入れられるというメリットもあります。ロイヤルハニーで、高麗人参をおいしく摂取してください。